妊娠授乳期のバストケアは、授乳後のバストの豊胸にも影響があります

授乳後大切なバストケア

授乳後垂れてしまったり崩れたりする胸の悩み | 授乳後大切なバストケア | 授乳後の豊胸はクリニックに相談する人も

授乳後は、母乳を作る必要がなくなり、元の大きさに戻りますが、人によっては元のサイズよりも小さくなってしまう人もいます。
バストケアにおいては、妊娠期であっても勿論重要でバストサイズに合った適切なブラジャーをすることは、授乳後のバストケアにも大きくかかわってきます。
授乳後は元に戻る際、授乳線と呼ばれる大きくなった時に脂肪の増加によって、元の皮膚に断裂が起きて線ができてしまったり、しわが残ってしまったり、更にはバストが垂れてしまうなどといった、ことが起こってしまいます。
そこでできる、授乳後のケアとしましては、クリームなどを使ってマッサージしながら保湿を心がけることが大事で、この時のバストマッサージは、風呂上がりなど血行が良くなっているときなどに、乳房を支える上部の皮膚を首に向かって上にマッサージしたり、左右の脇の脂肪を胸の中心に寄せるように行うと効果的です。
また、乳房を支える筋肉を鍛えるエクササイズ等も一緒に取り入れたりすることも良いかもしれませんが継続できるメニューでおこなうことが大切です。